3学期の総合的な学習では、福祉について学習しています。今までに、「アイマスク体験」と「車いす体験」をしました。アイマスク体験では、アイマスクをして階段の上り下りをしたり、自分の席に座ったりしました。車いす体験では、段差の上り下りや手洗いを実際に体験しました。普段の学校生活の一部を体験することで、障がいのある方の苦労や困ること、不自由なことを知ることができました。また、障がいのある方の体験と同時に、誘導・補助の体験もしました。誘導・補助では、事前にいろいろな注意事項を学び、相手が安全で安心できる補助を考えながら活動しました。これらの体験を通して、障がいのある人の気持ちを知り、ともに生活できるためにはどのような行動をすべきなのか、考えることができました。