コロナ禍のため、岡太神社の伝統行事である「堂の餅」昨年に引き続き今年も、やむなく中止となりましたが、子どもたちが地域への愛着と誇りを持つきっかけになってほしいと考え、氏子総代会の協力により「堂の餅」について学ぶ機会を作っていただきました。

感染症対策のため、1年と4年、2年と5年、3年と6年の3回に分けて実施し、前半は「堂の餅」についての説明を聞き、後半は高学年の児童が大はんぎを担ぐ体験をしました。お餅が入った桶はかなり重かったようです。最後に大はんぎに入っていたお餅を餅札と交換にいただきました。

地域の伝統行事について学ぶ機会を作ってくださった氏子総代会の皆さま、ありがとうございました。