今立図書館の方が、絵本の読み聞かせをしてくださいました。テーマは、「食べ物」。魅力的な食べ物が登場するお話をたくさん紹介してもらいました。絵本「デリバリーぶた」では、どんな所にもおいしそうな食べ物を運ぶ、ぶたさんの登場に、1年生は、どきどき、わくわく。「いいなあ」「おいしそう」と言いながら、どんどん話の世界に引き込まれていきました。
「たべられたやまんば」の紙芝居では、拍子木が登場し、その迫力にみんな驚いていました。知っている話でも、小僧とやまんばのやりとりに、笑ったり、ひやひやしたりしながら、最後まで紙芝居の世界を楽しんでいました。
あっという間の楽しい時間で、1年生のみんなは、「もっと本を読みたい」と目を輝かせていました。今回の読み聞かせをきっかけに、みんなで「読書の秋」を楽しんでいきたいと思います。