6月29日(火)に、5年生と6年生が「狂言ワークショップ」で、狂言についての説明を聞いたり、9月の巡回公演で共演する狂言「蝸牛」の囃子言葉と所作の練習を行ったりしました。新型コロナウイルスへの対応のため、東京と学校とをオンラインでつないで「万作の会」の3名の講師の先生に指導していただきました。初めての体験になりましたが、子どもたちは声をしっかりと出してセリフを言ったり、しっかりとした動きを身につけたりして、狂言に親しみました。