6年生は、はきだした空気の成分の割合を調べるということで、石灰水と気体検知管を使って調べました。はきだした空気は、石灰水が白く濁ったことから、二酸化炭素が多く含まれていることを結論付けていました。また、気体検知管の結果から、はきだした空気は、酸素が減って二酸化炭素が増えることが分かりました。