5年生は、理科の時間に、発芽する前の子葉と発芽してしばらくした子葉にヨウ素液をかけて、色の変化を調べました。発芽前の子葉は青紫色に変化し、発芽後の子葉はほとんど変化しなかった。この結果から、子どもたちは、発芽前はデンプンが含まれており、発芽後はそのデンプンが成長に使われたことを結論付けていました。