6年生は、理科の時間に「食べ物は、口の中で、別の物にへんかするのだろうか」という課題のもと、ごはんつぶを体温に近い温度の湯にもみだした液に、だ液ありとだ液なしの2本の試験管を用意し、10分後にヨウ素液でデンプンの変化を調べました。だ液ありの試験管は色が変わらず、だ液なしの試験管は青むらさき色に変化しました。このことから、子どもたちは『だ液には、デンプンを別の物に変えるはたらきがある』 ことを結論付けていました。