4・5・6年生の選手により、綱引きを行いました。前の人との距離を確保するため、学年ごとに実施しました。人数は少なくなりましたが、各学年とも、色の勝利のために、必死に綱を引く姿が見られました。