3年生は、算数の時間に「わり算」の学習をはじめました。最初に、12個のいちごを3人に同じ数ずつ分けると一人分は何個になるかを考えました。だんだん難しくなりますね。