5年生の教室をのぞくと、算数の授業を行っていました。「整数や小数のしくみについて調べていこう」というめあてで、数を10倍、100倍した時に小数点の位置がどのように変化するのかを確認していました。