ドキドキワクワク楽しみにしていた「縦割り班ブックトーク」がありました。

 この行事は、毎年6年生が縦割り班の下級生にあるテーマに基づいたブックトークを行うものです。

 今年も6年生は、今日のこの日のためにいろいろと企画し、練習してきました。

 ブックトークのテーマは、総合的な学習の時間に取り組んでいる「国際理解」にちなみ、外国のいろいろなことを取り上げました。例えば次のようなテーマ。

 ・外国の学校と日本の学校

 ・外国のおばけと日本のおばけ

 ・外国の物語と世界の物語

 ・世界の生き物

 ・世界の言葉遊び  など。

 6年生は、各グループ4人が協力し、どのようにすれば楽しく発表ができるか、外国と日本の違いを伝えられるかと考え、劇やペープサート、クイズなどの表現方法を工夫し、真剣に練習に励みました。

 ブックトーク本番。何度も行ったリハーサルの成果が出て、元気いっぱい、楽しく、盛り上がった発表ができました。下級生の子たちも真剣に聞き、楽しんでくれたようで、6年生は達成感を得ることができました。

 感想の中に、「人に伝えることは難しいけれど、伝わったときは、とてもスカッとしました。」「スポーツについて紹介したら、低学年の子が、読み聞かせをきいてスポーツが好きになりました、と言ってくれて本当に嬉しかったです。」など、実感した喜びを自信につながる言葉が聞けて、さらなる成長を感じることができました。