7月12日(水曜日)湿度が高いですが、昨日のような高温ではありません。昨夜の大雨のおかげで、玄関の2年生の野菜がピンと伸びました。

さて、昨日の5時間目に5年生は、福井市の春山小学校の5年生と交流活動をしました。昨年から県が配置した「遠隔操作システム」を使い、いわゆるテレビ会議のような活動です。

互いにあいさつをしてから、春山小学校について4問クイズを出してもらいました。写真は、指の数で何番が正解かを示しているところです。

向かっている相手は、このように画面の中にいます。3択クイズを解きながら、春山小学校について特徴を知ることができました。

はじめは、こんな風に緊張して始まりましたが、途中から音声が途切れてしまい、音が聞こえない中で次第に気持ちがほぐれ、互いに画面の中の相手に向かって手を振ったり、めちゃくちゃにジェスチャーをしたりして交流をしていました。味真野小が用意した○×クイズを出題できずに終わったのがちょっと残念でした。

昨日の午後は、大変暑かったにも関わらず、4年生が熱心に工作「コリントゲーム」を制作していました。一人一人のデザインがとても個性的できれいです。

何度も玉をとばしながら、慎重にくぎを打ちます。

今日の味真野タイムは、縦割り班集会で6年生によるブックトークを聞きました。選んだ本に合わせて、衣装の工夫があったり・・・

登場人物になりきって、せりふや演技があったり・・・

ペープサートで登場人物を表したり、声音を工夫して迫力を出したり・・・

6年生が楽しそうに披露する様子を見て、準備段階から楽しく活動したのがうかがえました。今年の6年生は、海外の文化や習慣に関心を持ち、日本の文化や習慣との違いを伝えていました。

今週は、廊下や階段に何気なく、このような写真が貼ってあります。園芸委員会による全校参加のクイズだそうです。

玄関には児童会による、あいさつチェック表があります。自分の地域で、まず地域の人にあいさつができることをめざしています。委員会も児童会もとてもがんばっています。