7月10日(月)最近の雨のせいで、校庭が芝生状態になってきました(雑草)。気温が上がる前に、全校児童で草むしりをしました。250数名で集中的に草むしりをするのは今月は2回目ですが、まだまだたくさん草が残っています。この後に、緑色になる校庭を想像すると頭が痛いです。

草むしりのあと、どのクラスも平常通りの授業です。湿度が高いのですが、みんながんばって学習をしていました。5年生のクラスはかかし作りをしていました。完成が間近のようで、暑い中、みんな黙々と作業をしていました。この集中ぶりは、たいしたものです。

同じく5年生の算数です。四角形の対角線を引き、スクリーンの図を使って説明していました。

対角線で区切った2つの三角形が「合同」かそうでないかを考えます。

まず、直感的に○か×かで考えを問います。

次に、その根拠を検証していきます。高学年の学習は1つ1つのステップを大事にして、いずれ中学校の学習へとつなげていきます。3年生の教室では、見ていて楽しい手作り創作カップが飾ってありました。一人一人の個性が出て、眺めていると飽きることがありません。