「しあわせ元気給食」と銘打った、越前市出身の天皇の料理番「秋山徳蔵」さんにちなんだ和食メニューです。

献立:ごはん、牛乳、鯖のかば焼き風、切り干し大根と青菜のおかか和え

鯖のかば焼き風:しょうが、少量の酒で魚臭さを抑えた鯖の切り身を米粉・でんぷんの衣で揚げて、しょうゆ・砂糖・みりん・酒・ごまをからめてあります。鯖の味も、衣の味もとてもおいしい一品でした。

切干大根と青菜のおかか和え:切干大根、小松菜、鰹節:青菜も入り栄養バランスがよい。かつおの風味がおいしい。かば焼きと組み合わせるため、あっさりとしたしょうゆ味で調えています。

うち豆汁:うるめいわしでとったお出汁がおいしい味噌汁です。ニンジン、わかめ、ねぎなどのほかに、日常的にとりにくい豆が入っています。