避難訓練をしました。

5月31日(水曜日)、緊急地震速報で始まり、地震の襲来、数分後に家庭科室から出火した、という設定で避難訓練をしました。地震発生の放送を聞いて、まず身を守りました。

地震の音(効果音)が長く感じられました。ようやく地震が終わったと思ったら、「家庭科室から火災発生」のアナウンスが入りました。出火元から遠ざかるように注意して避難しました。

消防署の方から火災予防についてご指導をいただきました。

5・6年生のクラスから二人ずつ代表が出て、初期消火の訓練をしました。

このあと、全校児童は中に入り、3時間目の授業を受けましたが、6年生は音楽室から外へ救助袋を使って避難する体験をしました。どの子もはじめての体験なので、少し緊張していました。

次の写真で見ると結構高さがあるのがわかると思います。

救助袋は最終手段ですが、身を守るための方法として貴重な経験をすることができたのではないでしょうか。