2年(総合、国語)、1年(学活)、3年(国語)

3月21日(月)22日(水)の2年生の総合的な学習の活動では、「思い出のアルバム」を手作りしていました。生まれたときの写真から今までをたどり、家の人の言葉や自分の気持などを書き加えてあります。

とても愛おしそうに、楽しそうに、最後の仕上げをしていました。

隣では国語の作文を清書していました。どちらのクラスも昨年とは見違えるくらいの集中力です。内容も濃くなっていますし、書く量も大いに増えました。大きな成長を感じます。

 

1年生は学期末のお楽しみ会でしょうか。クラス全員でじゃんけん大会をしています。負けたら、敷物代わりの新聞紙を1回ずつ折り曲げていきます。

足元の新聞紙が見えますか?この二人が立っていられるのは、もう時間の問題でしょう。

じゃんけん大会の大騒ぎをものともせず、隣の1年生は落ち着いて「1年生のまとめ」のワークを解いています。しばらく見ていましたが、どの児童も一生懸命集中して、問題を解いていました。

この様子からすると、「もう2年生です。」と胸を張って言えますね。

3年生の国語では、教科書の学習を終えたので、短い読み物を読んで、どの段落がクライマックスかについて議論をしていました。根拠をもとに自分の考えを持つ、他人の考えに耳を傾けて賛同したり、反論する。まだ3年生ですが、高学年の芽が育っているように感じます。

4年生の図工では、工作をしていました。カラフルで、立体的な作品を作るので、児童は一生懸命に立体完成図を頭に描きながら、手を動かしています。