体育(4年)理科(4年)家庭科(5年)社会科(6年)総合(3年)算数(3年)

2月22日(水)昨日の雪交じりの強風と違い、朝から明るい陽光が差し、春が近いのを感じます。インフルエンザは今のところ2名のままです。節分は過ぎましたが、見ていてほっこりする鬼の掲示物を見つけました。

3年生の体育では、台上前転を練習していました。両足をきれいにそろえて、発表会並みの演技をすることができる児童がたくさんいて、とてもきれいでした。2名分を写真で紹介します。

 

4年生の理科では、デジタル教科書の動画を活用して、「水のすがたと温度」などのまとめの学習をしていました。やはり視覚的な教材があると、とてもわかりやすいですね。

3年生の算数では、最近2桁のかけざんに取り組んでいます。位を合わせること、ゼロの処理などに注意が必要なので、丁寧にひとつずつ確認していました。

代表が黒板で計算をしています。クラスのみんなは合っているか確かめます。

3年生の総合では、味真野地域にさかんであったお茶について調べ学習をしていました。今日は、コンピュータで作った資料をもとに、原稿を見ないでプレゼンができるか練習をして友達に聞いてもらっています。自信がついたら、先生に確認してもらうそうです。

6年生は、テストの残りの時間なのに全員が集中してスクリーンを見ていました。

外務省のキッズ用のサイトを使って、社会科の学習をしていました。「世界~ランキング」から分かることがたくさんあり、とても興味深い内容でした。

5年生は、2つめのクラスが味噌汁の実習です。ほぼ全員が家で試してきたそうで、みその溶き方や野菜の切り方がけっこう上手でした。家庭科室は、おいしいだしじゃこの出汁のにおいでいっぱいでした。