英語(1年、4年)、体育(4年)、避難訓練(児童だけで)

2月15日(水)は、昨日に続いて越前市のALT(英語指導助手)の訪問日です。1年生の英語では、How are you? I'm ~.という会話で使われるfine, hungry, tired, super, happy...などの練習としてから、色(color)の英語に慣れる活動をしました。少し発音があやしいときもありますが、子どもたちは耳がよく、ALTの先生の発音をそっくり真似るので、かなりきれいな発音になっていました。

4年生が体育の授業では、なわとび「持久跳び」をしていました。多い児童は制限時間に200回以上飛び続けて、みんなから拍手で賞賛されていました。来週は、低学年・中学年・高学年別になわとび発表会を予定しています。

味真野タイム(大休み)に体育館で遊んでいたら、避難訓練のための緊急地震速報が鳴りました。体育館いっぱいに広がっていた児童が、一瞬で中央に集まり頭を保護しています。偶然居合わせたALTの先生も混じりました。

地震の効果音が終わり、放送で体育館への集合が指示されました。今日はほとんどの児童がしゃべらずに、落ち着いて集合することができました。

4年生の英語の授業では、「英語で福笑い」をしました。まず、先生たちが英語でやってみせます。

英語の練習をしたあとに、ペアで福笑いを完成させます。目・鼻などの顔のパーツを持っている児童はWhat do you want? と尋ね、目隠ししている児童は I want an eye, please.と相手に頼みます。

できあがった福笑いは、とても滑稽で笑い声が絶えませんでした。児童は、目隠しをすると不安になって英語が出てこなくなりますが、がんばって英語でやりとりしていました。