音楽(5年)、図工(3年)、ほか

2月10日(金)今週はインフルエンザ2名が出席停止の状態で週末を迎えます。今日は子どもたちが待ち望んだ雪が積もりましたが、びしょびしょの雪なので、大休みには4名しか雪遊びをしていませんでした。

5年生の音楽には「琴」の学習があるので、今日は外部講師を招いて琴で「さくらさくら」をはじめて演奏しました。聞き慣れた曲ですが、いざ弾こうとすると思い通りにいきません。でも、交代しながら集中して練習しているうちに曲の最後まで弾けるようになり、仲間から賞賛の拍手!

最初はおそるおそる・・・。

最後まで弾けた児童は「できたぁ~~!」という達成感からおもわずのけぞりました。

3年生のクラスで、全員が良い姿勢で一言もしゃべらずに何かに集中しているので、のぞいてみると・・・

はじめて小刀を使った工作をしているところでした。まず、かなり太い鉛筆型の教材を小刀で削り、黒い芯を出します。

削り終わった児童は、鉛筆の柄の部分に彫刻刀で飾りを彫ります。

壁の端にはこんなものを見つけました。2学期のお楽しみ会の名残でしょうか。くじ引きで多様な賞品を用意したようです。主に手作りの賞品でしたが、中には「クラスの寄せ書き」から、「担任の先生のサイン」「担任の先生とハグ」というのまであってとてもほほえましく思いました。