大縄跳び(その3)、「ありがとうの花」など感謝を伝える取り組み

今日の味真野タイム(大休み)は、赤組が2回目の大縄跳び(8の字跳び)の練習をしました。1回目よりも慣れてきましたが、まだ低学年がひっかかりやすいようです。高学年の子が入るタイミングを知らせるために声かけをしたり、ひっかかってからコツを教えている姿がみられました。縦割り活動の良い面を見させてもらいました。12月20日には児童会主催のお楽しみ行事があります。それまでにもう少し練習したいところですね。

  

 

生活委員会や児童会が中心となって、「ありがとうの花」の取り組みを始めました。早い学級はすでに掲示されていましたので撮影しました。

1階ホールには、給食週間に各学級で作成した手作りカレンダーが飾ってあります。来月には調理員さんと用務員さんに差し上げることになっています。