大縄、図書委員会表彰、掲示(購売、図書)

12月8日(木)朝の会で、図書委員会が各クラスの目標読書数達成児童を表彰していました。11月は読書月間として、図書委員会が読書の啓発をしたり、昼休みに図書ホールで「読み聞かせ」をしたり、積極的な活動をしていました。学年ごとに目標冊数を示し、子どもたちも積極的に読書にいそしんでいました。写真は11月の記録を基に、図書委員がごほうびシールを持って1人ひとりの児童を表彰しているところです。

 

今日の味真野タイム(大休み)は黄色組の大縄跳び練習日です。5年生は朝から「ふれあい文化スクール」のため福井市のハーモニーホールと県立美術館を訪れているので、5年生以外の学年で練習しています。

 

赤組は個人縄跳びの練習ですが、1・2年生は上級学年に追いつくために1階ホールで練習をしていました。少しずつコツをつかみはじめている様子がよくわかります。

 

校内を歩いていると、購売の前に何気なくミニツリーが飾ってありました。購売委員が色画用紙で作ったのでしょう。とても可愛いツリーです。図書ホールには図書支援の方と図書ボランティアの方が時間をかけて作ってくださった飾りが掲示してありました。実はツリーの縁飾りのサンタには、児童が書いた顔が描いてあり、中には各児童のお願いメッセージが書いてあります。

  

図書ホールには支援員さんやボランティアさん制作のこんな掲示もあります。おかげさまで温かい雰囲気の図書ホールで、子どもたちは次々と本を借りています。