学習発表会の午後、毎年恒例の両親学級がありました。

 今年のテーマは、「みんなでつなごう 味真野のわ 和 輪!!」。全校の親子で大きな和紙に自分を描き、お家の人やとなりの人の絵と手をつながせ、みんなでつながろうという活動をしました。

 25Mほどの長くて大きな和紙を6本広げ、それを囲むように親子が並びました。親子で絵を描くなんてなかなかない機会なので、みんなとても待ち遠しそうでした。

 始まりの合図と共にみんな一斉に自画像を描き始めました。お家の方も、久しぶりの絵の具にわくわくしているようでした。

 活動時間は、約1時間半。みんな時間いっぱい集中して、絵に取り組んでいました。ダイナミックな絵や繊細な絵など、いろんな表情をした人たちが、仲良く手をつなぎ、幸せそうな作品に仕上がりました。

 親子の会話も弾み、とても楽しそうで、今日の両親学級の「親子のふれあいを楽しもう」という目標が、みんなが達成できたようです。

 今日のような親子のふれあいを、これからも大切にしていってほしいと願っています。