演劇鑑賞教室 「長靴をはいたねこ」劇団かかし座

9月21日(水)3校時~4校時は、本校の体育館で演劇鑑賞をしました。今年の演目は「長靴をはいたねこ」。劇団は「かかし座」(横浜市)です。

 

影絵で物語は展開します。とてもテンポ良く、音楽がリズミカルに流れて、飽きさせません。

スクリーンの下に影絵を作っている人が丸見えだったり、影絵から演技者が出てきて話しを続けたり、時には手やペープサートの陰ではなく、等身大の人間が影絵になったり・・・スクリーンの画面以外にも目が離せません。

このあと話はどんどん展開していきましたが、ストーリーそのものは単純でも色々な工夫が凝らされていて、全く飽きずにわくわくしながら最後まで鑑賞できました。子どもたちの感想を聞くのが楽しみです。