9月20日(月)献立:米飯、牛乳、あげの五目中華煮、わかめとえのきのスープ、こうなご佃煮

スープ:豆腐、わかめ、えのき、ねぎ・・・とすまし汁のような食材ですが、ここに人参の小口切りがたっぷり入って、スープ味となっていました。彩りよく、且つ、中華煮との相性が抜群です。

五目中華煮:たけのこ、もやし、タマネギ、小松菜、人参、シイタケ、中あげ、肉、うずら卵・・・五目どころか9種類の食材が入っています。タンパク質が3種類も入っていて豪華。自分のうちで作るなら中あげだけで安く仕上げようかと思いました。小松菜は青さが残り人参は鮮やかなので彩りよく、栄養素としてはビタミン、カロテン、繊維質が豊富でシャキシャキ感がちゃんと残っていて、おいしくいただきました。

佃煮:上の2種類で十分に満足ですが、こうなごが加わり、カルシウムも補給されています。ありがたいですね。